結納品

yuinou

かたちに託して、心を伝える

結納品の「結」は結ぶ(契約)の意味、「納」はその契約を受けてください、
という意味があり結納品は婚約を証明するもので、結納を納めるという表現をします。
日本で古くから行われている婚約の形式は、歴史の中でより豪華にと、
品物におめでたい意味を持たせるようになり、
水引で作った飾りを添える形に磨かれ、完成されました。
婚約には、地方に伝わる習慣や形式が大切に守られている場合もあり、
また両家合わせての食事会を兼ねて行われる場合もあります。
双方の意向を尊重しながら、良い縁に結ばれますことを心よりお祈りいたします。kamesm

結納品の由来と意味

kameji

  家内喜
多留
友志良賀 末広 子生婦 寿留女 勝男節 御帯料
御袴料
目録 長熨斗
九品本式
七品
五品
◆長熨斗(ながのし)
本来は、あわびを叩いてのした(延ばした)もので、延命に通じます。のしあわびが名前の由来で、昔の物々交換の時代は海産物の中で最も貴重な食物とされ、これを贈ることは最高のもてなしを意味しました。現在では、贈り物に対する祝意の意味となり、結納に贈る品々すべてに対する祝意を表しています。

 

◆目録(もくろく)
結納の品目を記したものです。この目録と長熨斗を含めて九品全品揃うと豪華で安心できる組み合わせとなり一般的です。

◆御帯料・御袴料(おんおびりょう)・(おんはかまりょう)
結納金(金包)です。支度金として花嫁に帯料を贈り、花婿へは袴料を贈ります。

◆勝男節(かつおぶし)
古来、武士の家では鰹節を保存食や非常食として用意していました。そして出陣のときにはこれを勝男武士といって携帯し、武運長久を祈りました。以来、鰹節は慶事の贈答品として広く使われるようになり、結納では現物の鰹節を贈るか、勝男節料としてお金を包みます。

◆寿留女(するめ)
保存食として長期保存ができるところから、結婚生活が永遠に幸福であるように、また、かめばかむほどに美味しい、味のある仲の良い夫婦でありたい、との願いが込められています。寿を留める女というめでたい字をあて、縁起を担いでいます。結納では現物のするめを贈るか、寿留女料としてお金を包みます。

◆子生婦(こんぶ)
昆布は繁殖力の旺盛な植物です。丈夫な子どもを生み、健康に育て、末永く幅広く子孫繁栄を祈る気持ちから子生婦の字をあてています。また、よろこぶ、との縁起も担いでいます。結納では現物の昆布を贈るか、子生婦料としてお金を包みます。

◆末広(すえひろ)
寿恵広ともいう白扇一対です。末広がりを意味し、末永く幸せに、という願いが込められています。おめでたいときにはよく使われる縁起の良い言葉です。白い扇は清純・潔白を表しています。

◆友志良賀(ともしらが)
夫婦円満に健康で、共に白髪の生えるまで仲良く幸福に暮らしましょう、という長寿の願いが込められています。さらして白くした麻を用いることで、麻のように強い絆で結ばれることも意味しています。

◆家内喜多留(やなぎたる)
杉や桧で作った酒樽です。針葉樹のとげとげしいイメージを和らげるため柳の葉にたとえ、柳樽ともいいます。かないきたる、としためでたい字をあてて家内円満の願いを込めています。結納では柳樽・角樽(漆塗やプラスチック製)を贈るかお金を包みます。

関連記事

return top